HOME>注目記事>管理が大変になった投資建物をまるごと処分する

急いでいるときには直接取引がスムーズ

マンション

投資用の複数のアパートやマンションを所有している人は、管理が大変になってきた際には、一棟まるごと売却するようなケースもあるでしょう。住戸の区分所有部分を売却するケースと違い、建物の規模によってはかなりの金額の取引となるので、慎重に手続きを進めていくことが重要となります。通常、一般の人が建物を売却する場合には、直接不動産業者に買取をしてもらう場合と、業者に取引の仲介をしてもらうケースがあります。もし、急いで所有しているマンションを処分したいと考えているのであれば、直接業者と取引をしたほうが早いでしょう。仲介で買い取ってくれる相手を探す場合には、時間をかけてじっくりと相手を探すことになりますが、希望している価格で買取をしてもらえることもあるでしょう。

意思決定も早くなり管理がしやすくなる

家の模型とお金

区分所有建物の専有部分を売却するよりも、一棟マンションをそのまま売却したほうが、投資をしている人にとっては管理がしやすくて喜ばれます。また、個人投資家ではなく、不動産会社などが事業として一棟マンションを買取しているケースもあるので、取引相手をじっくりと探すと良い相手を見つけることが出来るでしょう。区分所有建物の場合には共用部分の管理等を所有者全員で行わなければならないので、一棟で一人の所有者が管理したほうが意思決定も早くなります。

まとまった土地が喜ばれる

男性

一棟マンション売却の利点としては、建物が老朽化し際にスムーズに建て替えを進めていくことが出来るという点を挙げることが出来ます。不動産会社などが、当面は賃貸物件として利用して、ゆくゆくは事業用の宅地として、利用するために買取をするケースもあるでしょう。ある程度まとまった土地の上にある一棟マンションは、不動産投資会社などにとっては利用価値が非常に高いので喜ばれることでしょう。区分で売る方が流動性があるケースもありますが、まとまった土地と一棟建物を希望している業者も少なく無いでしょう。

広告募集中